ご希望の公園・庭園/緑地情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト公園・庭園/緑地リサーチ
公園・庭園/緑地
トップページへ戻る
トップページへ戻る

公園・緑地情報

球形遊具について



球形をした遊具を「球形遊具」と呼んでおり、代表的なものに「回転ジャングルジム」があります。別名「グローブジャングル」とも呼ばれるこの遊具は、球の形をした可動式のジャングルジムで、力を加えることにより水平方向に回転します。

球形遊具で遊ぼう

球形遊具で遊ぼう

球形遊具は、遊具に乗って遊ぶ方法と大きな遊具を回して遊ぶ方法があります。基本的に2人以上で遊ぶ遊具のため、友達とどちらが乗るかを相談するなど、コミュニケーション力や譲り合う心などを学習できます。また、回す側なら脚力や腕の力が、乗る側なら動体視力が鍛えられます。

球のフォルムが人気の理由

直線的なフォルムを持つ遊具が多い中、球形遊具のその特徴的な形状は珍しさとあいまって遊び手の期待感を刺激します。球形遊具は、言わば「可動するジャングルジム」です。落下すれば怪我を免れることが難しいジャングルジムに回転する要素が加わる訳ですから、その分怪我などの危険性も増します。そのため、回転ジャングルジムは固有の安全対策も行なわれていて、造りの頑丈さはもとより、「回転する際に速度が出過ぎない」「すみやかに減速できる」といった工夫が凝らされています。

珍しい球形遊具たち

回転ジャングルジムの他、球の形を持った遊具をいくつかご紹介します。

ウォーターボール

プールなどの水上で利用する遊具です。イタリアで開発されたこの遊具は直径約2.5mで、ポリ塩化ビニールの透明な外郭を持ち、内部に入って遊びます。内部に満たされた空気で水面に浮くため、水が苦手な人も利用できます。慣れれば内部に立って、玉を転がす要領で歩くこともできるようになります。いくつかのメーカーにより同様の製品が開発されていますが、窒息や溺死の可能性があるなど安全面に問題を残すものもあり、利用にあたっては注意が必要です。

ローリングドーム タイプB

こちらも遊具内部に入って遊ぶタイプの透明の球形遊具で、外郭の直径2m、内部の直径は1.5mです。球の中に入り込んで転がり、移動して遊びます。弾力性のある素材なため、内部で飛び跳ねることもできます。

音のカプセル

福井県にある児童科学館「エンゼルランドふくい」は、遊びを通じて科学や歴史を学ぶことができる大型児童館です。ここに設置された遊具のひとつに「音のカプセル」というものがあります。一方の球の中に入って声を出したり音を立てたりすると、その音が内部にある伝声管から地中を通って、離れた場所にあるもう一方の球の中に届く、というものです。ちょうど糸電話の仕組みをそのままにスケールを大きくしたもので、音が伝わる原理を学ぶことができます。