ご希望の公園・庭園/緑地情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト公園・庭園/緑地リサーチ
公園・庭園/緑地
トップページへ戻る
トップページへ戻る

公園・緑地情報

公園を題材にした音楽



公園を題材にした音楽は数多くあります。一人で佇む場所として、恋人と訪れる場所として、ふと通りかかる場所として、といった具合に、実に様々な意味の象徴として公園が表現されています。

「公園」または「park」をタイトルに含む曲

「公園」または「park」をタイトルに含む曲

「公園」が曲の中で歌われている例は枚挙に暇がありませんが「公園」または「park」を曲のタイトルに持つ楽曲は、意外なことに少ないです。ここでは曲名に「公園」「park」を持つ邦楽・洋楽をご紹介します。

『a walk in the park』 / 安室奈美恵

小室哲哉さんプロデュースによる楽曲で、1996年にリリースされ、ミリオンセラーを達成しています。歌詞の中で「私」は、公園を歩きながら様々に想いを巡らせていく曲です。

また、安室奈美恵さんの楽曲では、2007年に発表した楽曲『Baby Don't Cry』のプロモーションビデオが、東京の代々木公園で撮影されています。

『井の頭公園』/あさみちゆき

「公園の歌姫」として注目を集めるあさみちゆきさん作詞作曲の「井の頭公園」は、公園の四季折々の風景と、人を抱きとめ癒やしてくれる温かさが歌われています。

『SUNDAY PARK』/さだまさし

1977年に発表されたシングル『案山子』のSIDE2に収録されている曲です。公園のベンチで佇み物思いに耽る「僕」と、そばで賑やかに遊ぶ子どもなどとの対比が、鮮やかな情景として胸に迫る一曲です。

『Autumn Park』/松任谷由実

1986年に発売されたアルバム『ALARM à la mode』に収録されている曲で、隠れた名曲としてファンに親しまれています。「あなた」がいるごくありふれた日常を、公園の風景を通して感じ、感謝するという、優しい曲です。

『小鳥公園』/aiko

2005年に発売されたシングル『三国駅』のカップリング曲です。女性の切ない心情が、夕暮れ時の公園と重なって歌われています。

『PEACE IN THE PARK』/福山雅治

1990年に発売された福山雅治さんの1stアルバム、その1曲目に収録されている曲です。公園でぼんやりと時間を過ごしている自分のやるせない心情を描いた歌詞です。

『MacArther Park』/Richard Harris

1968年にリチャード・ハリス歌唱のものがリリースされて以降、この曲は多くの歌手によってカバーされてきました。歌詞の中に多くの隠喩を含んでいるとされています。タイトルには、1880年代にロサンゼルスに誕生した「マッカーサーパーク」が使われています。「マッカーサーパーク」とは、マッカーサー元帥にちなんだ公園として有名です。

『Luna Park』/Pet Shop Boys

2006年リリースのアルバム『FUNDAMENTAL』に収録されている楽曲です。「ルナパーク」という暗い夜の公園が題材となった歌詞が特徴的です。