ご希望の公園・庭園/緑地情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト公園・庭園/緑地リサーチ
公園・庭園/緑地
トップページへ戻る
トップページへ戻る

公園・緑地情報

ビオトープ管理士について



公園と自然環境との共存を実現する「ビオトープ管理士」についてご紹介します。

ビオトープ管理士とは

ビオトープ管理士とは

ビオトープとは「生物空間」を意味する英語であり、ビオトープ管理士とは自然の生態系を保全、あるいは復元する能力を持つと認められる人に与えられる資格です。1997年から公益財団法人・日本生態協会が始めた認定資格ですが、ビオトープの必要性が注目される時代の潮流の中で、国土交通省環境省農林水産省をはじめとする各種行政機関において、業務入札の条件として「有資格者であること」が示されるなど、ますます重要となってきている資格です。

ビオトープ管理士は「ビオトープ計画管理士」と「ビオトープ施工管理士」の2種類があります。またそれぞれ1級と2級があり、特に1級は豊富な実務経験が必要になります。1級ビオトープ管理士は事業の責任者としての能力が認定されたことになります。なお、同種のものに「ビオトープアドバイザー」がありますが、こちらはNPO法人日本ビオトープ協会が認定するものです。

ビオトープ計画管理士

都市公園などにビオトープが設置されるにあたって、その場所が都市機能においてどういった役割や活用の可能性を持つのかを考え、計画を立案していきます。また、従来型の極めて人工的に整えられた森林資源を、ビオトープ型の自然環境に造りかえていくなどの提案も行ないます。

ビオトープ施工管理士

ビオトープが造られる際に、設計と施工を行なう現場担当者です。例えば草を刈るにしても、やみくもに行なえばそこにある生態系を損ないかねません。ビオトープ施工管理士は専門的な知識を応用しながら、いかにしてそこにある生態系を保全・復元していくかを念頭に作業を行ないます。

「ビオトープ」の意味

ここで改めてビオトープの意味を確認しておきましょう。ビオトープとは「その地域に暮らす生物たち(生態系)の生活場所」のことです。これは森林などの緑がある場所だけに限らず、浜辺、沼地、小川といった、生物群が生命を循環させる個々の自然環境すべてを指します。例えばビオトープ内には「雑草を抜く」「害虫を駆除する」といった概念はありません。雑草や害虫も、その生態系を構成するれっきとした一員であるからです。

ビオトープの役割

近代化が推し進められる過程で、世界中で多くの緑が失われてきました。しかし環境問題の深刻化などから、その後自然の大切さが再認識されることとなり、自然と一体になった都市開発が提唱されています。ビオトープの創出は、自然環境の利用ではなく、自然環境との共存を実現する、新たな発展・開発の手段です。