ご希望の公園・庭園/緑地情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト公園・庭園/緑地リサーチ
公園・庭園/緑地
トップページへ戻る
トップページへ戻る

公園・緑地情報

北海道にある特徴的な公園(1)



北海道にある公園の中から、特徴的な自然公園をご紹介します。

圧倒的なスケールの自然公園群

圧倒的なスケールの自然公園群

雄大な自然を誇る北海道は、全国の都道府県の中で、圧倒的トップの自然公園面積を有しています(2013年時点)。この中から、いくつかの自然公園をピックアップしてご紹介しましょう。

大雪山(だいせつざん)国立公園

日本で最大の広さを持つ自然公園です。大雪山系や十勝連峰を含むその面積は東京都全体よりも大きく、およそ23万haになります。標高は2,000m前後で、高山の植物が群生し、ヒグマ・エゾシカなどの野生動物が多く生息しています。自然観光資源の宝庫と言えるこの公園は、スキー場や温泉地などの観光地に加え、軽装で臨めるハイキング、本格的な装備で挑む登山など、楽しみ尽くすのが難しい程の多種多様さに満ちています。

利尻礼文(りしりれぶん)サロベツ国立公園

日本の最北に位置する自然公園です。園内は地域特性に応じて4つに分かれています。

利尻地区
利尻島のある地区です。この島はほぼ円に近い形をしており、中央に利尻山がそびえ立ちます。対岸からの景観は、さながら海に浮かんだ山を見るかのように見えます。
礼文地区
礼文島のある地区です。高山植物の宝庫で、その豊富な植物の様子から「花の浮島」と呼ばれています。富士見ヶ丘と久種湖畔に2つのスキー場があり、「久種湖畔スキー場」は日本で最北に位置するスキー場です。
海岸砂丘地区
稚咲内(わかさかない)海岸を中心とした地区です。ハナマスやエゾスカシユリが一面に咲く花畑や、海岸林特有の景観を見せる原始砂丘林が見どころです。
サロベツ地区
サロベツ原野のある地区です。稚咲内海岸に沿って広がるこの湿原は、湿地帯独特の植生を持ち、地平線まで広がる草原と花畑を眺めることができます。一時推し進められた農地開発により、湿原の水位が低下するなどして問題となりましたが、その後再生に向けての取り組みも行なわれています。

阿寒(あかん)国立公園

道東部に位置する自然公園です。火山と湖が織り成す雄大な景観を望めます。温泉が多く湧き出しており、各温泉街は観光地としての賑わいを見せます。園内の大部分を占める天然林には、多くの野生動物が生息し、その様子を観察することからも北海道の大自然を感じることができます。世界でも最高級の透明度を有する摩周湖や、国内唯一のマリモ生育地である阿寒湖などが有名です。