ご希望の公園・庭園/緑地情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト公園・庭園/緑地リサーチ
公園・庭園/緑地
トップページへ戻る
トップページへ戻る

公園・緑地情報

福島県にある特徴的な公園



福島県にある、特徴的な公園をご紹介します。

多彩な自然環境

多彩な自然環境

福島県は高地、山岳地帯、盆地、平野、沿岸地域と、非常に多様な自然環境を有しており、この特色を活かした公園整備が進んでいます。ここでは、県内にある公園をいくつかご紹介します。

磐梯(ばんだい)朝日国立公園

福島県、山形県、新潟県にまたがる国立公園です。山岳観光ができますが、非常に広い敷地面積を持つため、3つの地区に分けられており、それぞれ異なった特色を持ちます。

出羽三山・朝日地域
月山(がっさん)・羽黒山・湯殿山を総称して出羽三山と言います。山岳信仰が盛んで、修験道の修行の場として多くの参拝者が訪れます。国宝や重要文化財をいくつも有し、観光客でも賑わいます。一方、朝日連峰はその標高に応じて広葉樹林、落葉低木林、低木林が分布しており、多種多様な野生動物が生息しています。
飯能地域
「東北アルプス」とも呼ばれる飯能連峰では、本格的な装備による登山が行なえます。高山植物が良好な景観をもたらしています。飯能連峰のうちのひとつ、「飯豊山(いいでさん)」は、出羽三山とともに、山岳信仰の山としての伝統があります。
磐梯吾妻・猪苗代地域
他の2地域に比べて首都圏からの交通の便も良く、レクリエーション色が強い地域です。スキー場や温泉地を拠点に登山・トレッキング、ハイキング、カヌーやヨットなどといったレジャーがあります。また、夏は避暑地としても多くの人に利用されます。

鶴ヶ城公園

会津若松市にある城址公園です。城跡が都市公園として整備され、開園しました。園内には国の史跡に指定されている若松城(鶴ヶ城)をはじめとして、「鉄門」や「南走長屋」といった、計20ヵ所に及ぶ見どころがあり、公園全体が歴史を感じさせるものです。そのうちのひとつ「茶室麟閣(ちゃしつりんかく)」は千利休の子・小庵が建てたとされるもので、福島県指定の重要文化財にもなっています。

南湖(なんこ)公園

白河市にある公園です。1801年に白河藩主の松平定信が、この地を庶民が利用できる公共の場として開放しました。国として正式な公園制度が始まったのは1873年からですが、当時から公園に極めて近い性質を持っていたことから、「日本最古の公園」とも言われます。国の史跡名勝としての指定も受けており、南湖周囲には「南湖十七景」と呼ばれる景勝地があります。名物に「南湖だんご」や「そばだんご」があります。