ご希望の公園・庭園/緑地情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト公園・庭園/緑地リサーチ
公園・庭園/緑地
トップページへ戻る
トップページへ戻る

公園・緑地情報

栃木県にある特徴的な公園



栃木県にある、特徴的な公園をご紹介します。

都市部、工業地帯、農業地域、リゾート地が分布

都市部、工業地帯、農業地域、リゾート地が分布

栃木県は、観光業を含む各種産業が盛んで、地域によってそれぞれの特色を見せます。

日光国立公園

日本で最初に設置された国立公園のうちのひとつです。栃木県の日光市を中心に、群馬県・福島県にまたがっています。国立公園として指定することで、該当地域の観光地としての整備、及び自然保護が推進されています。日光国立公園は3つの地域に分けられます。

日光地域
県の西北部に広がっており、「奥日光」と呼ばれる地域がその中心となります。那須火山帯に属する男体山(なんたいさん)・女峰山(にょほうさん)・赤薙山の雄大な眺めと、男体山の麓に広がる中禅寺湖や「神秘の泉」と呼ばれる西ノ湖、高山植物の宝庫である戦場ヶ原や小田代原などの湿地と、実に多彩な自然環境を有します。なかでも日本三名瀑のひとつである華厳の滝は、中禅寺湖から流れ落ちるものです。その他、日光東照宮など、世界遺産や国宝に指定されている建造物も多くあります。
塩原地域
県の北部、日光地域の東に隣接する形で広がる地域です。箒川の流れる塩原渓谷は新緑と紅葉の名所として名高く、ハイキングコースが整備されています。「塩原十一湯」と呼ばれる塩原温泉郷もこの地域にあり、自然と一体になって湯に浸かれる環境は、この温泉郷ならではの特色です。名所・旧跡をはじめとする観光施設も充実しており、観光客を飽きさせるということがありません。
那須地域
県の最北部、福島県と県境を接する地域です。特にリゾート地としての開発が進んでおり、夏は避暑地としても利用されます。那須の高原地帯や山岳地帯がそれぞれの自然美を織り成しており、ハイキング・登山・トレッキングといったアクティビティーや、牧場、遊園地などを目的として多くの観光客が訪れます。那須温泉郷や八幡温泉などの温泉街もあります。

あしかがフラワーパーク

足利市迫間町にある植物園です。「8つの花の季節」という、年に8個のテーマを設けて運営されており、その季節ごとに咲く花々が園内一面を埋め尽くします。なかでも4月中旬から開催される「ふじのはな物語」という藤まつりは有名で、日本最大級の面積を持つ藤棚を見に多くの観光客が訪れます。このシーズンは臨時列車が運行されるなど町を挙げての協力体制が取られます。また10月下旬から始まる「光の花の庭」では藤棚のライトアップや大規模なイルミネーションで園内が彩られ、関東における屈指の夜景観光地となっています。