ご希望の公園・庭園/緑地情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
公園・庭園/緑地
トップページへ戻る
トップページへ戻る

公園・緑地情報

兵庫県にある特徴的な公園



兵庫県にある、特徴的な公園をご紹介します。

2つの海に接する県域

2つの海に接する県域

兵庫県は、南北に長く広がる県域で、日本海側と瀬戸内海側の2つの海岸線を有します。現在の神戸港は古くから国際的な港として活用され、諸外国の文化を受け入れる窓口の役割を果たしてきました。このため、神戸市の外国人居留地に見られるような、現在程国際化が進んでいなかった時代の異国の景観を残しています。

姫路公園

姫路市にある歴史公園(都市公園)です。特別史跡である姫路城の跡地が公園として整備され、開園しました。江戸時代の初期に建造された天守が現存し、国宝に指定されるとともに、市のシンボルとして親しまれています。天守・櫓(やぐら)・濠(ほり)などの遺構や重要文化財を有し、「日本の歴史公園100選」にも挙げられています。歴史の香りと自然が調和した景観で、市民に憩いの場として親しまれると同時に、県の代表的な観光スポットでもあります。

再度(ふたたび)公園

神戸市の六甲山地にある、再度山にある公園です。もとは荒地であった所を、20世紀初頭から植林し、現在では国の名勝にも指定される緑豊かな公園として親しまれています。

修法ヶ原池(しおがはらいけ)
園内にある池で、遊歩道が整備された周縁部がハイキングコースとなっています。また、池のほとりは紅葉の名所としても有名です。
神戸市立外国人墓地
日本とかかわりの深かった外国人が埋葬されている墓地です。遺族以外は墓地内へ立ち入ることはできませんが、毎年4~11月の第4日曜日のみ、事前に申込みをすれば入ることが可能です。

みなとのもり公園(神戸震災復興記念公園)

中央区にある都市公園です。1995年に起きた阪神・淡路大震災を受け、その経験を後世に語り継いでいくため、また復興を願って2010年に設置されました。災害時には近隣の行政施設と連携して、防災公園としての役割を果たせるよう整備されています。雨水貯留槽やヘリコプター発着場として使用できる多目的芝生広場を設置し、「展望の丘」の地下は各種食料品や生活必需品などが備蓄できるようになっています。芝生の緑が広がる園内は子どもが遊べるようになっています。「ニュースポーツ広場」は、スケートボードやBMX(バイシクル・モトクロス)、バスケットボールといった、ストリートカルチャー的なスポーツ施設が充実しています。こちらは若者を中心に賑わいを見せています。