ご希望の公園・庭園/緑地情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

パブリネット
公園・庭園/緑地
トップページへ戻る
トップページへ戻る

公園・緑地情報

香川県にある特徴的な公園



香川県にある、特徴的な公園をご紹介します。

「うどん県」のタフネス

「うどん県」のタフネス

四国の北東部に位置する香川県は、陸地部では平野が多く河川や降水量が少ないことから、水不足に備えてため池の設置が盛んに行なわれてきました。こうしたハンディキャップのある風土を逆に利用して、名物である讃岐うどんの味をさらに高める専用の小麦「さぬきの夢」の栽培が行なわれるなどしています。人口が密集する平野部には主に都市公園が設置され、自然公園は瀬戸内海、讃岐山脈一帯にそれぞれの指定区域が広がります。

栗林(りつりん)公園

高松市にある庭園です。国指定の特別名勝とされる庭園のうち、最も広い面積を持ちます。その広大な敷地内に池が6つ、築山が13個配されていて、背後の紫雲山を借景に四季折々の姿を見せます。とりわけ春の桜、秋の紅葉は名高く、夜間はライトアップが行なわれます。『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』で最も評価の高い三ツ星を獲得し、またアメリカの庭園雑誌『ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング』の日本庭園ランキングで3位に選ばれるなど、国外からの評価も高いです。

偃月橋(えんげつきょう)
園内に架かるなかで最も大きい橋です。なだらかに反り返った半月上の橋が、湖面に反射して浮かび上がります。
鶴亀松
園内にある約1,400本の松のうち、特に見事とされる松です。石が亀に、松が鶴に見えるためこの名が付きました。
掬月(きくげつ)亭
園内で最も大きな茶室で、往時には「大茶屋」と呼ばれ、親しまれてきました。現在でも抹茶や食事を楽しめる場所として、一般開放されています。

国営讃岐まんのう公園

仲多度郡まんのう町にある国営公園です。日本最大のため池「満濃池」に隣接して整備されており、広大な敷地は「湖畔の森」や「竜頭の里」など、いくつかのエリアに分かれて構成されています。子ども向け遊具やオートキャンプ場、自然観察園があり、大空の下でレクリエーションを行なうことができます。

瀬戸内海国立公園

瀬戸内海を中心に指定区域となっている自然公園です。香川県側には、渓谷美が日本三大奇勝に数えられる「小豆島(しょうどしま)」、建築家・安藤忠雄の総合プロデュースによって島全体がアート作品となっている「直島」、寛永通宝が巨大な砂絵で描かれた「銭型砂絵」を一望できる「琴弾公園」、白浜と松林の美しいコントラストが約1kmに渡って続く「津田の松原」など、実に多くの見どころがあります。